礼拝と祈り
主日礼拝

礼拝写真

奥沢教会の礼拝「主日礼拝」は、毎週日曜日、午前10時半から始まります。11時半から12時ごろに終わる礼拝は、通常次のプログラムに従って行われます。

≪神の招き≫  
入堂行進
オルガンの前奏によって、司式者(司会)と牧師が礼拝堂に入堂します。会衆(出席者)は心を静めて礼拝に備えます。
招詞
礼拝への神の招きの言葉を司式者が告げます。
賛美
神の招きに応え、オルガンの伴奏で讃美歌を歌います。
罪の告白 謙遜な心で神に向かうよう、用意された祈祷文を共に読み、罪を告白します。
赦しの宣言  罪の赦しを告げる神の言葉が牧師によって語られます。
頌栄 神の愛と恵みに感謝して、讃美歌を歌います。
≪神の言葉≫  
祈祷 神の言葉を正しく受け止めることができるよう、聖霊の導きを求めて牧師とともに祈ります。
賛美  どの讃美歌を歌うかは礼拝ごとに決められます。 
子ども説教  礼拝に出席している子どもたちのための、短くて分かりやすい説教です。 
聖書  神のことばとしての聖書の箇所が朗読されます。 
説教  牧師が聖書に沿ったメッセージをお話しします。 
祈祷  説教を終えるにあたり牧師がお祈りをします。 
賛美  「神の言葉」の部を締めくくる讃美歌を歌います。 
≪感謝の応答≫   
信仰告白  神の言葉に対する応答として、教会の信仰の基本である「使徒信条」を共に読み、祈ります。 
祈祷  用意された祈祷文を読み、教会だけでなくすべての人々のために神の恵みを求めて祈ります。 
奉献  神への感謝の献金をいたします。 
感謝の祈り  教会員(信徒)が代表して感謝の祈りをささげます。 
主の祈り 聖書に記されているイエス・キリストによる祈りを共に読み、お祈りします 
聖餐  月に一度、およびお祝い(クリスマスなど)のときにある聖礼典です。キリスト教の洗礼をまだ受けていない方は、その場でお見守りください。 。 
≪派遣≫   
頌栄  礼拝の終わりの讃美歌を歌い、神の栄光を讃えます。 
祝福  牧師が会衆への神の祝福を宣言して、教会からこの世の世界に会衆を派遣します。 
報告  教会のさまざまな連絡があります。 
退堂  オルガンの後奏によって司式者と牧師が礼拝堂を退堂します。会衆も順次退堂します。礼拝後は互いに挨拶を交わしましょう。 

礼拝に必要な、聖書、讃美歌は教会に備え付けのものがありますので、持っていなくても大丈夫です。また、礼拝のプログラムは司式者(司会)が丁寧に説明いたしますし、初めての方は、お声をかけていただければ教会員がご案内いたします。また、小さなお子様のいらっしゃる方でも、授乳などに使える部屋もありますので是非お子様連れで出席ください。

祈りとは

神への感謝と願いをささげる祈祷・祈りは、礼拝の中で最も重要なものの一つです。礼拝中は、牧師の祈りに耳を傾けることにより、共にお祈りをいたします。また、クリスチャンは、日常生活でも、いつも祈りによって神への感謝と願いをささげます。
 ここでは、最も重要な祈りである主の祈りと共に、クリスチャンの心の支えとなっている代表的な祈りを3つご紹介いたします。
フランシスコの平和の祈り
ラインホールド・ニーバー(アメリカの神学者)の祈り
マザーテレサの祈り